您好!欢迎访问广东聚纤缆通信股份有限公司网站!
产品分类
Product Category
热销产品
Hot Product
最新文章
latest articles
4新闻中心
您的位置:首页  ->  新闻中心

光缆用护套材料的耐热技术和发展前景


光缆用遮盖材料(护套)的耐热技术

光缆用覆盖材料一般为热可塑性材料,不过热可塑性材料一般有耐热差、耐长期下降时间短等缺陷,是能够基于安全及现有技术架设基体树脂的方向。架桥非桥梁相比,耐热性提高,改善高温的机械性质,耐环境应力龟裂和耐热老化性能,并改善耐化学稳定性和耐溶剂性加强,冷流性减少,使绝缘电阻高,温度变化基本不变化。

在技术上,光架桥与高能电子束辐射法类似,但采用的是低能量紫外线作为辐射源。设备简单,投资费用少,操作简单,保护简单。因此聚乙烯的紫外线基桥技术越来越受到人们的重视,在高性能光缆覆盖材料发展方面具有一定的市场潜力。

聚纤缆ADSS光缆护套图片

光缆用遮盖材料的发展前景

光缆已经成为发展国民经济和生活中不可缺少的产品,在长期的运行和使用中应该确保安全、可靠。近年来,随着通信行业的蓬勃发展,光缆没有使用较低的烟雾覆盖的曰渐规范,安全与环境保护是光缆覆盖材料之一的重要方向。有机化合物和磷氮类阻燃剂的成本高,发烟量大,所以会产生更多CO气体,成为发展的主要障碍。光缆覆盖材料的建构将提升光缆的安全性。

 

光ケーブル用被覆材の耐熱技術

光ファイバケーブル用カバー材は、一般に熱可塑性材料であるが、熱可塑性材料は、一般に耐熱性が悪く、耐長期立ち下がり時間が短い等の欠点があり、安全及び従来技術に基づいてベース樹脂を架設することができる方向である。 架橋非橋と比較して、耐熱性が向上し、高温の機械的性質、耐環境応力亀裂および耐熱老化性能を改善し、かつ耐薬品性と耐溶剤性の強化を改善し、コールドフロー性が減少し、絶縁抵抗が高く、温度変化は実質的に変化しない。

技術上、光架橋は高エネルギー電子線放射法と類似しているが、低エネルギー紫外線を放射源として採用している。設備が簡単で、投資費用が少なく、操作が簡単で、保護が簡単である。そのためポリエチレンの紫外線基橋技術はます人々の重視を受けて、高性能光ファイバーカバー材料の発展方面で一定の市場の潜在力を持っている。

 ケーブル用カバー材の将来性

光ファイバケーブルはすでに国民経済と生活に欠かせない製品となっており、長期の運行と使用の中で安全、確実でなければならない。 近年、通信業界の発展に伴い、光ファイバケーブルは、より低い煙被覆を使用するための "テーパ付規範" を有さず、安全と環境保護は光ケーブル被覆材料の 1 つの重要な方向である。 有機化合物とリン窒素系難燃剤のコストが高く、発煙量が大きいため、より多くの CO ガスが発生し、発展の主な障害となる。 ケーブルカバー材料の構築により、光ファイバケーブルのセキュリティが向上します。


本站部分文章和图片来源于互联网,如有侵权请与我司联系,我们将于48小时内删除。广东聚纤缆通信股份有限公司(www.guanglanchang.com)是华南地区专业的光缆生产厂家,各种光缆型号规格齐全,如需光缆的快速报价请直接致电13829218505。

[返回]   
ADSS光缆
聚纤缆,更省钱!
广东聚纤缆通信股份有限公司
东莞道滘南阁东路惠弘科技园1栋
0769-81006766                      13829218505
扫一扫关注,我们的二维码
聚纤缆手机APP、聚纤缆微信公众号